誕生した日の出来事

「思い出新聞」ってご存知ですか

地元の愛知県にある中日新聞さんがやっているサービスで、自分が誕生した日の新聞をいただけるというもので、昨年、仕事場の仲間から誕生日プレゼントの一つとしていただきました

改めてじっくり読んでみました。

昭和46年10月11日(月)は、秋雨前線が停滞しており、前日から引き続きの雨模様のようですが、日中には少し晴れ間ものぞく日とのこと

「環境優先の国土政策を」「公共投資主導型に」という記事が一面を飾っています。
「70年代の国土政策の基調」という報告書の内容が記載されていて、「高度経済成長がもたらしたひずみがいまや国民の存在すら脅かす限界まで進行した。との危機感にたち、限りある土地、水、大気の基礎資源の保全・配分・管理を強化するとともに、福祉と環境優先に重点を置いた経済政策の実施を強調。」
なんて書いてあり、今日の記事にしてもわからないくらいの内容が書いてありました

あと、時代を感じるこんな記事を見つけました。
「アテられました、ホットな一日(日曜大安)」
記事の内容は、日曜日と大安吉日が重なった体育の日の10日、「忙しくて忙しくて」と笑いがとまらなかったのは結婚式場
熱田神宮では21組、国際ホテルでは17組、東山会館は20組、中日パレスでは23組と、どこも今シーズン一番のラッシュとのこと。
終戦直後の第一次ベビーブーム世代に生まれた人たちが婚礼期を迎えたとはいえ、それにしても多すぎる!
記事よればこの日の結婚式は全国で約2万組。気になったので、今を調べてみたら、少し古いですが平成17年から22年のデータで、一日2000組でした。ということは約10倍の結婚式が10月10日に行われています
ちなみに、表題の「アテられました、ホットな一日」というのは、「ホットな一日」はよいとして、「アテられた」は???・・・・ですが、
まあ深く考えるのはやめときます

まっ、てなわけで、とてもとてもめでたい日の翌日の、秋雨前線が活発な小雨降る秋の日にこの世に生を受けたとのことでした

ちなみに、今年の誕生日プレゼントには、タニタの体重計をいただきました。最近太ってきたから健康管理をしっかりしなさいということらしく、ちょいダイエットを頑張らないといけないな~なんて思う今日この頃です

改めて、いろいろありがたいことです、感謝

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0