日本語

日本語の「いただきます」という言葉には、本来、「いただきます」という言葉の前に、「いのちを」という言葉が隠されているということを皆さんご存じでしたでしょうか
普段何気なく食べている、お肉やお魚、野菜などには、本来「生命」があり、私たちは、このいのちの犠牲なしには生きていくことはできません。すなわり、私たちは常にたくさんの「いのち」に支えられて「生かされている」といえます。ですから、「いただきます」という言葉を言うときには、「たくさんのいのちに生かされていることに感謝する気持ちがこもっています

「行ってきます」というのも、ただの挨拶と思いきや、語源としては「行って」+「来ます」ということで、「行ってまた帰ってくる」というを意味しています。なんかそう考えると、素敵な言葉だなって改めて感じました


日本語の「もったいない」は日本独特の感覚で、ノーベル平和賞を受賞したケニアのマータイさんが「MOTTAINAI」と外国の方々にもこの言葉を意味を伝えてくださっています

今まで、「なんで日本人はひらがなやカタカナ、漢字などたくさんあって難しい言語を作ったんだろう、英語みたいな言語だったらもう少し楽に英語を覚えられそうなのに~」なんて子供の頃は思っていましたが、大人になってきて、日本語の意味の深さを知れば知るほど、なんて繊細ですばらしい言語なんだろうって感動することが多いです

大切にしていきたいなって思う今日この頃です

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0