卒業式シーズン

卒業シーズンですね

卒業式に歌って謳われましたか

私はあまり覚えていないところもあるのですが、確か小学校の時も中学校の時も、「蛍の光」と「仰げば尊し」をうたったような記憶があります

あるデータでは、J-POPを卒業式で歌う学校が8割近くあり、選曲は生徒も一緒になって考えたりすることも多いみたいです

だいたい、学校側が「蛍の光」と「仰げば尊し」ですよと毎年決めていたと思いますが、一度だけこんな思い出があります。
中学の時に、卒業生を祝う会かなにかで、生徒が投票して歌う歌を決めるというような話があって、実際に2曲が最終候補に残っていたと思います。それがインパクトがありました

その2曲とは、岡村孝子さんの「夢をあけらめないで」と尾崎豊さんの「卒業」

結局、「あ~なた~のゆ~めを、あ~きら~めな~いで~」と実に素晴らしい歌詞の岡村さんの曲になったのですが、尾崎さんの
歌になっていたらそれはそれで時代を反映しているというかなんというかセンセーショナルですね
ご存知の方はご存知かと思いますが、
「行儀よ~くまじめなんて糞くらえと思った~、夜の校舎窓ガラス壊して回った~」などと熱唱し、最後には「こ~の、支配からの、卒業、闘いからの、卒業!」なんて歌詞で青春時代のなんともしがたい想いをうたっておりまして、これはこれは卒業式に一番ふさわしくないともいえるくらいの歌でございました。でも、とっても良い歌で、大好きな曲ではありました

さてさて、そんな中で、現代の人気曲

旅立ちの日に・・・川嶋あい
3月9日・・・レミオロメン
YELL・・・いきものがかり
旅立ちの日に・・・合唱
未来へ・・・KIRORO

などが人気のようです

聴けばわかるかもしれませんが、正直一番歌われているような感じの「旅たちの日に」が思いつきません。え~と思われるかもしれませんが、題名を聞いても曲のイメージがわきませんので、かなりやばい気がします・・・

あっ、話はとんで、海援隊の「贈る言葉」も小学生の時に流行っていました。金八先生を見て、中島みゆきさんの「世情」というのがドラマで流れているシーンを見て、中学生が怖くて中学生になりたくないと強く思った記憶があります・・・

なんてことない雑談ですが、お付き合いいただきありがとうございました。

卒業式で歌われる歌を見ていても、その時代時代の特徴があって、また、その時代の背景を映し出している感じがしてともて面白いですね

卒業の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0