インフルエンザ対策

インフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さんは体調はいかがでしょうか

厚生労働省の発表では、推計患者数は全国で約283万人(1月26日発表)。イメージ湧きませんが、過去最高とのことですし、実際周りでインフルエンザにかかった方々も多いので、やはり大流行の年になってしまったようですね

医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」という記事があったので紹介させていただきます。

一位 「手洗いをする」

やはりよく言われているように、まめな「手洗い」にまさるものはないようです。意見を見てみますと、「接触感染のほうが飛沫感染より頻度が高い」ということのようです。マスクも当然効果あるでしょうが、手指についたウィルスが、口や鼻の粘膜を触ることで感染していると考えているようです。

二位 「人ごみに行かない」

まあ、それはそうですが・・・
感染の機会が多ければ、感染の可能性も上がるということですね

三位 「睡眠・休養をとる」

ウィルスに対抗するにはまずは体力ということで、これは感覚的によくわかります。確かに風邪ひくときは、睡眠不足とかが続いたときとか多い気がしますものね。

四位 「ワクチンを打つ」

否定される方も多いですが、免疫を高めるという意味では、やはり医学的な根拠があるのでしょう。でも、睡眠・休養のほうが効果があるとお医者さんも考えている方が多いのですね。

五位 「加湿する」

加湿しているとウィルスが活発にならないからということで、これも医学的根拠がしっかりあるようで、予防対策にはなりそうですね。

是非、参考にして、寒い冬を乗り切っていきましょう

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0