嗅覚について

お香とかアロマとか結構好きで、事務所で仕事をしている時などによく使ったりしています

ということで、「嗅覚」について少し調べてみました

以下に調べて内容です。

人間の五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のうち、嗅覚(きゅうかく)で得た情報が最もダイレクトに脳に伝達されると言われているとのこと。
鼻から嗅いだ香りや匂いは最初に、脳の「大脳辺緑系(だいのうへんりょくけい)」に直接伝わります。大脳辺緑系の主な働きは、生命維持に必要な本能(食欲・性欲・睡眠欲・意欲など)や感情(喜怒哀楽)を司ることで、 自律神経調節のための中枢的機能を持つ「視床下部(ししょうかぶ)」を調節する働きもあります。
大脳辺緑系は、快適か不快かを本能的に嗅ぎ分ける本能的、原始的脳でもあるので、嗅いだ香りの好き嫌いが、本能的意欲や感情、自律神経にダイレクトに影響を与えることになります。

ということで、香りは、各種意欲や感情をつかさどっているところに届くことで、直接影響力を与えているのですね

確かに、さわやかな香りがしているお店で、「こら~!」ってあんまり怒鳴って怒りたい気持ちになりにくそうな気がしますんものね

で、ついでに、かき氷のシロップで、レモンとかメロンとかイチゴとかは、実は全部同じで、香りと色だけが違うそうです完全に匂いでだまされていますね~ちなみに、一流芸能人の格付けランキングという番組がありますが、、「人参の香りをつけた大根」を作って目隠して食べると、「人参!」って答える方が多いんでしょうかね

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0