「ざる」と「もり」

私は、ざるそばが好きでよく食べますが、「ざるそば」と「もりそば」の違いは皆さんは知って見えますか

たまに、両方のメニューがあるお店もあり、「ざるそば」のほうが「もりそば」より50円~100円ほど高くなっている気がします。今までこの違いは「のり」がかかっているだけくらいに安易に考えていました。というか、ちょっとのりがかかっているくらいで結構値段の違いが大きいな~なんて思っていました

が、一応、歴史としての違いがあるようです。

その昔、そばは団子状にしたものを焼いたり蒸したりして食べる「蕎麦掻き」という食べ物だったのが、江戸時代中期になり細長く切ったものを茹でてつけ汁につけて食べるという、おなじみの食べ方が主流となり、これを「そば切り」といったようです。やがて汁を最初からかけた状態で提供する今のかけそばと同じスタイルの「ぶっかけそば」という形式がはやり始め、この時にぶっかけそばと区別する為に、そば切りのことを、麺をそのまませいろなどに持って出すことから「もりそば」と呼ぶようになったそうです

その後、そばの実の中心部分のみの粉で作った白っぽいそばをざるに持って出すスタイルがはやり始め、これを「もりそば」と区別する為に「ざるそば」としたようで、いわば「ざるそば」は「もりそば」よりも高級なお蕎麦という感じだったようです。ということで、確かに歴史としては「ざる」のほうが「もり」よりは高級そばだったのですね

やがて、明治時代になると、もりそばとざるそばを差別化するために、ざるそばのほうのスタイルに、つけ汁にみりんを加えてコクを出したり、麺の上に刻みのりをのせたりする違いが出てきたようです。

が、現在はあまりもりそばもざるそばも変わりないところが多く、「のり」がのっている違いだけが名残として残っていることが多いようですたまにこだわって違いを守っているところもあるようですけど・・・

ちなみに、「せいろそば」は、持ってある器が「ざる」か「せいろ」かの違い程度だそうです。

ちょっとしたきざみのりだけで100円違うのは納得感がありませんが、「ざる」と「もり」がある場合、その違いの比較を楽しみながら頼んでみるのもおもしろい楽しみ方かな~って思いました

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0