単位

1メートルが100センチならば、0.1メートルは何センチというような問題で×をもらっている我が息子

不安になりますが、そんな時にたまたま、「単位」についての記事を読みました。

そもそも、「メートル」とはなんなのか

もともと、18世紀末のフランスで、「地球の子午線の4000万分の1」を1メートルにすることから始まったらしいのですが、「地球の子午線なんてそもそもでごぼこじゃないか」ということで、「メートル」の定義は何度か変遷していくこととなります
「白銀・イリジウム合金製原器の氷融点温度時の長さ」から「クリプトン86の光の波長の1650763.73倍」へ。そして現在は、「1秒の299792458分の1の時間に光が真空中を進む距離」と定義されているそうです
まあ、どの定義にしようが、ふつうの人間が判別することは不可能な定義ではりますね・・・

そもそも、1メートルとは何なのか?1秒とは何なのか?そんなことに疑問を感じていた自分自身がいたので、そう考えると、我が息子もきっとふかーいふかーい考えがあってきっと悩んでいたんでしょうということにしておこうと思います

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0