言葉

ブログやツイッター、フェイスブック等々、ソーシャルネットワークサービスが普及している今、人が「言葉」を自由に発信できる機会が増えてきました

2歳の時に病気にかかって、見ることも、聞くことも、話すこともできなくなったと言われるヘレンケラーが、こういっています。
「『私』という言葉を知った時に初めて、私は誰であるか、なんであるかと知ったのです。私という意識が存在することを知ったのです」

人は、「言葉」によって、世界を認識し、「言葉」によって他者だけでなく自分自身と会話をし世界観を形作っています。
例えば、「今日の調子はどう?」って聞かれれば、人は「言葉」で今日の調子を説明します

感情は変えることは難しいけれど、「言葉」は意識して変えることができます

「言葉」を変えれば、他者や自分自身との対話がかわり、考え方や捉え方が変わり、そして未来をも変わっていく可能性があります。
そして、「言葉」と「感情」はつながっているので、「言葉」を変えれば後で「感情」までもついてきます。

以前、こういった文章を読む機会があり、意識はしていたのですが、最近改めて言葉の力という話を聞く機会があり、再認識した次第であります

あんまり意識すると、息苦しい気もしますが、意識的にパワー溢れた言葉をたくさん使っていくことで確かに元気が出てくる気がします

また、理屈っぽくてすいません、お付き合いいただき感謝です・・・

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0