命の授業

先日、「命の授業」という講演を聴かせて頂きました

是非たくさんの方に聴いていただきたいと思いましたので、勝手に紹介だけさせてください。
とはいえ、説明下手なので、本の著者略歴のところに書いてあるものを参考に紹介させてください。

腰塚勇人
元・中学校体育教師。元・養護学校教師。
大学卒業後、「天職」と思えた中学校の体育教師となる。学級担任、バスケ部顧問として「熱血指導」の日々を送る。
2002年3月1日、人生を大きく変える事故が起こる。
スキーでの転倒で、「首の骨」を折り、奇跡的に命は取り止めたものの、首から下がまったく動かなくなる。
当時、医師からは「一生、寝たきりか、よくて車椅子」の宣告を受け、あまりの絶望に「自殺未遂」をする。
その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、職場の同僚などの応援と励ましを受け、「自分の命があらゆるものに助けれ、生かされていること」に気づき、「笑顔」と「感謝」と「周りの人々の幸せを願う」ことにより、奇跡的な回復力を発揮する。
そして、「下半身と右半身の麻痺」など、身体に障がいを残しながらも、4カ月で現場復帰し、中学3年の担任を務める。
主治医から、「首の骨を折って、ここまで回復した人は、治療したなかでは、腰塚さんだけだ」と言われるほどの「奇跡的な復活」を遂げる。
その体験を「命の授業」として6分ほどの「ムービー(動画)」にして公開したところ、30万人を超える人々の目にふれることとなる。
2010年3月に、「命の授業」の活動に専念するため、22年間務めた教員を辞職。同年5月に「命の授業」を出版。
現在、「命の授業」の講演家として、自らの体験を元に「命の尊さ」「生きていることの素晴らしさ」「ドリームメーカーの大切さ」「命の喜ぶ生き方」を、全国の小学生、中学生、高校、そして一般の方々に伝える活動をしている。
全国から数多くの講演依頼があり、講演の参加者は開始からわずか3年で18万人以上にのぼる。

以上、まさに本の著者紹介原文ままですが・・・

未熟ではありますが、日本中が世界中がドリームメーカーでいっぱいあふれて元気いっぱいになることを夢見て、自分自身を磨いていきたいと思います


Tag:未分類  Trackback:0 comment:0