「一個人」という雑誌に「日本人の名字と家紋の謎」という特集があったので気になって手に取りました。

もしも名字がなかったら、「おじさん」と呼ばれても文句は言えないだから名字は非常に大切なのだ!と。ふむふむ、確かに

名字で一番多いのは「佐藤さん」ということですが、興味深かったのは地域で多い名字があり、東日本には佐藤、鈴木が多く、西日本には田中、山本が多いということでした

理由としては、「近世まではコメが経済を支えたように、水田は重要なものだったために西日本では地形にちなむ名字が数多く名乗られたと考えられます。一方の東日本では、都への憧れから藤原氏にちなむ「藤」のつく名字や、武士たちが支配した領土の地名が名乗られた。ただし、関東から東北へ領土を広げた武士たちは奥州藤原氏のように、中央の威厳を誇示するための元の名字を使っています。東日本の名字は西日本より種類が少なく特定の名字に集中しているため、全国ランキングでは東日本型の名字が上位を占めている」とのことです(原文そのまま)。ふむふむ

地域特性をいくつか抜粋にて記載してみます

北海道・東北は、圧倒的に「佐藤」姓が多い。古代東北で栄えた「こん一族」の末裔が名乗る「今野」
「紺野」「金野」なども多い

関東は、群馬以外ですべて「鈴木」が一位。理由は徳川家康が三河で繁栄していた鈴木一族を大量に江戸に
連れてきたことに由来。地名をルーツとする名字も多く、「三浦」は神奈川の三浦半島、「毛利」は神奈川県厚木市毛利台、「千葉」は千葉市付近、「佐野」は栃木県佐野市がルーツで全国に広がった。

北陸は、日本海側の名字の分岐点で新潟では東日本に多い「佐藤」が一位で、その他の件では西日本に
多い「山本」「田中」「吉田」が上位になっている。

甲信地方は、甲斐の「武田」、信濃の「小笠原」「諏訪」「真田」など有力一族の家臣から多くの名字が生まれ、独特の名字分布を持っている。代表格が長野県発祥で全国に広まった「小林」と「望月」。長野県には「丸山」「宮下」も集中し、「宮沢」「柳沢」など「沢」のつく名字も多い。

東海は、東西の境になり、東日本型「佐藤、伊藤、加藤」と西日本型「山本、山田、田中」両方の名字が上位に混在し地域性が乏しい。東海地方らしい名字では「水野」「丹羽」「河合」「水谷」といった感じである。

関西は、田中、山本が上位を独占。地方独自の名字としては「三宅」。朝廷の倉庫番というような意味があるようです。広島愛媛には「村上」も多く、これは中世に瀬戸内海で活動した海賊衆村上水軍の末裔と考えられているとのこと。

九州、沖縄では、田中、山本が多いが、「古賀」「松尾」「山口」「原田」という名字も多い。沖縄は独特で一位が「比嘉」で、「具志堅」「与那嶺」などの3文字の名字も多いのが特徴とのこと。これは琉球を支配した薩摩藩があえて琉球独特の名字を名乗らせた名残だそうです。

以上、本に記載あった内容をおもむくままに書いてみましたが、皆さんいかがでしょうか?

今まで家紋など関心なかったのですが、たまたま「奥村」の家紋が載っていたので見てみると、〇に三つ星
の形をした家紋が載っていました。へえ~「奥のほうにある村」を意味すると書いてありました。漢字そのままだ

皆さんもご関心あればご自身の名字とルーツをたどってみるのもおもしろいかもしれませんね

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0