今日、本当に久しぶりに「虹」を見ました

「あ~、きれいだな~」って思いながらも、虹って何色だっけって思い、頭で思い出してみたのですが、
7色出てきません

赤でしょ、オレンジでしょ、青、緑、紫…眺めてみるとよけいわからなくなります。だって色々な色に見えますもの

戻ってきてから、ちょっと気になるので調べてみました

回答としては、「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」でした

ただ、もともと日本では古くは、「5色」だったそうです。かのアイザックニュートンが「7」が縁起がよいから
ということで、「赤、黄、緑、青、紫」に「橙、藍」をプラスしたのが日本で7色といわれるようになった起源
だそうです。へえ~また、虹を何色とみるかは、地域や民族で異なるそうで、日本の中でも沖縄の方々は二色とみているそうです。またまた、へえ~ちなみに、「赤と黒」または「赤と青」とみているそうです・・・沖縄の方みえたらまじですか~

実際は、無限に変化しているそうで、ウィキペディアでは「虹の色が何色に見えるかは、科学の問題ではなく、
文化の問題。何色に見えるかではなく、何色に見るかである」とかなり名言が記載されていました。

なかなかおもしろうですね

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0