大型連休ORゴールデンウィーク?

ゴールデンウィーク真っ只中です(雨なのが残念ですよね…)。

ゆっくりお休みされている方、行楽に行かれてる方、はたまた日常となんら変わらない生活を送ってみえる方と様々なことでしょう

さてさて、「ゴールデンウィーク」という言葉は映画会社が宣伝用に作った言葉って皆さん知っていましたか?
1951年に獅子文六さん原作の「自由学校」という作品が、大映と松竹で監督さんや役者さんも異なって製作されて、この時期に同時に封切られて共に大ヒットを飾ったんですって…

「へェ~、そんなことあり~?」って感じですよね?
確かに、おもしろいですし、同じ作品がどのように異なるのか興味はありますよね

正月映画やお盆映画を越す両社のこの大ヒットにちなんで、当時の大映の専務さんが「ゴールデンウィーク」という宣伝用語を作ったそうです。

よって、NHKは映画用語であるこの「ゴールデンウィーク」という言葉を嫌がり、「大型連休」という言葉を使っているそうです。そういわれると「確かに!」って感じしません

ちょっとおもしろかったのがNHKが「ゴールデンウィーク」という言葉を使わない理由として他にもいくつか説明しているようで、その中に「休めない人から何がゴールデンウィークだとお叱りの抗議がある」というのもありました。これもまた「確かに~!!」という気がします

ちなみに、商魂豊かな映画会社の方々は秋の文化の日を挟んだ休日には「シルバーウィーク」という言葉を考えたそうですが、これはあまり定着しなかったようですね

いづれにせよ、皆さんにとってよい休日になるとよいですね(何がゴールデンウィークだ~とお怒りの方々ごめんなさい…)

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0