論語一節

「志学(15歳)」「而立(30歳)」「不惑(40歳)」「知命(50歳)」「耳順(60歳)」「従心(70歳)」という言葉があります。

どこかで聞いたことがあるような感じがする方も多いのではないでしょうか?
私は、中学か高校の頃学校で習ったような記憶があります…

論語の一節で、孔子が自分自身の人生を振り返って話した部分で、次のように書かれています。

子曰( し い)はく、「吾(われ)、十有五(じゅうゆう ご)にして学(がく)に志(こころざ)す。三十(さん じゅう)にして立(た )つ。四十(しじゅう)にして惑(まど)はず。五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知(し )る。六十(ろくじゅう )にして耳順(みみしたが )ふ。七十(しちじゅう )にして心(こころ )の欲(ほっ)する所(ところ )に従(したが )へども、矩(のり)を踰(こ )えず」と。

意味は、
孔子は言います。
私は、十五の時に学問で身を立てようと決心しました。
三十の時に、学問などの基礎がきちっとして、独り立ちができるようになりました。
四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。
五十の時に、天が自分自身に与えた使命を自覚しました。
六十の時に、何を聞いても素直に受け入れることができるようになりました。
七十の時に、自分がしたいと思う言動をしても、人の道を踏み外すことがなくなりました。
と。

さてさて、まだまだ若かりし頃学校で習った時には、「こんなん勉強して意味あるのかな~?」などど、傲慢に思っていましたが、今読んでみると、なかなかに深~い回顧録でありますこと。

その中で一点。
何を聞いても素直に受け入れられることができるようになるには、基礎がしっかりして、心に迷いがなくなってからなんだなということ。

素直に他人の話を聞くことは大事なことだと思います。
しかし、自分自身がしっかりしていないとふらふらしてしまい振り回されて心乱すことも多いものです。

本当に、素直に他人の話を聞くことができるようになるには、私などまだまだ勉強不足のようです。

年齢的には不惑になってしまいましたが、まだまだ心惑うことの多い今日この頃。ぼちぼち頑張っていくこととします

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0