「おかげさまで」

「KENSHINコンサルティング株式会社」を設立し、仕事をさせていただくようになり、
最近また特に「感謝」することばかりで、人の大切さを実感しております。

以前、野村監督の本の1節に、ヤクルトの二軍のロッカールームに次の言葉が張ってあったという
ことがかかれていました。
非常に感銘をうけたので、その後自分のデスクマットのところにはったりして自分を常に戒める
ように努力していました。
あんまり強くないので、自分戒め用のこういった類の文章に支えられています。

先日、とある介護事業者様の初任者研修の際にもご紹介させてもらったのですが、ブログ上でも
紹介させてもらおうと思います。作者は不詳のようなので著作権はないと思いますが・・・


「おかげさまで」

夏がくると冬がいいという、冬がくると夏がいいという

太ると痩せたいという、痩せると太りたいという

忙しいと暇になりたいという、暇になると忙しいほうがいいという

自分に都合のいい人は善い人だと褒め、自分に都合が悪くなると悪い人だと貶す

借りた傘も雨があがれば邪魔になる

金をもてば古びた女房が邪魔になる、世帯をもてば親さえも邪魔になる

衣食住は昔に比べれば天国だが、

上を見て不平不満に明け暮れ、隣を見ては愚痴ばかり

どうして自分をみつめないか、静かに考えてみるがいい

いったい自分とは何なのか

親のおかげ、先生のおかげ、世間様のおかげの塊が自分ではないのか

つまらぬ自我妄執を捨てて、得手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう

おれがおれがを捨てて、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい



以上です。
なんか結構心の痛いところをつつかれますよね・・・

Tag:未分類  Trackback:0 comment:2