あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます

今年も一年頑張ってまいりたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

今年も一年ありがとうございました!

皆様が心穏やかに新しい年を迎えられます事祈念申し上げております

一年ありがとうございました

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

睡眠時間

睡眠記録アプリを提供するbondaviさんの調査にて、都道府県別の早寝早起きランキングが発表されました

今年1月から11月17日までの2万9968件のデータを集計したそうですが、

早起きトップは
1、宮崎県(午前6時44分)
2、富山県(午前45分)
3、群馬県(午前6時50分)

遅起きは、
1、京都府(午前7時32分)
2、高知県(7時32分)
3、香川県(7時27分)

とのことでした

早寝のトップは
1、長野県(午前0時10分)
2、宮崎県(午前0時12分)
3、富山県(午前0時14分)

遅寝は、
1、京都府(午前0時51分)
2、愛媛県(午前0時43分)
3、岡山県(午前0時42分)

とのこと

これだけではなんとも言えないのですが、地方のほうが睡眠をとれている傾向があるらしいです

ちなみに、2021年の国別睡眠時間ランキングというデータ(OECD 経済協力開発機構)によれば、

日本は、442分(7時間36分)で、ワースト一位でした。韓国がワースト2位で、その後スウェーデン、デンマーク、アイルランドと続きます。

逆によく寝る国は、南アフリカ(553分=9時間21分)、中国(542分)、エストニア(530分)となっています。

様々なデータがあり整合性がとれない結果もありますが、日本人の睡眠時間の少なさはデータ的には同じようです

私自身、もっともっと一日の時間長くなればいいのに~と思っているほうなので、どうしても睡眠時間削ってしまっていますが、
健康という側面でみますと、よろしくないようで…

ということで、師走にかけてバタバタと忙しくなる時期ではありますが、しっかり睡眠とって元気に年越しを迎えましょう

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

時候の挨拶

9月も半ばになりますが、暑い日が続きますね

ワードで文章を作る際に、「あいさつ文」を挿入しようとすると、事項の挨拶例が出てきます。
9月でいいますと、

初秋の候
中秋の候
錦秋の候
寒露の候
黄葉の候
秋雨の候
金風の候
秋晴れの候
菊香る候
秋たけなわの候
紅葉の候
秋冷の心地よい季節

などが候補であがってきたのですが、「うーむ、果てしてどれを使うのがいいのか?」と
ちなみに、今日9月16日15時段階の名古屋の気温は34.7℃あります
ほんと暑いです

もともと、時候の挨拶は、旧暦使用していた時代のものと言われ、新暦の現在とは一か月のズレがあると言われています。

にしても、最高気温が35度を超えるなかで、「初秋の候」というのもなって感じがします

一般に、残暑見舞いの「残暑」とは「立秋(今年は8月8日)」から「秋分(今年は9月23日)」までの期間を指すものと言われて
いますが、残暑というかまだまだ猛暑

ということで、そろそろ時候の挨拶も現代風に変えてもいいのではないかな~などと思った今日一日の暑さでした

まだ暑い日が続くようなので体調には気を付けて頑張っていきたいと思います

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

哲学


「哲学」と聞くと皆さんはどんなイメージをもちますでしょうか

「難しい」「役に立たない」「屁理屈っぽい」「何をやってるかよくわからない」などなど

「生きるとは?」「正義とは?」「善とは?」「悪とは?」などなど、考えても答えがでなさそうなことをあれこれ議論して何の役にたつんだろう?というのが私の認識でした哲学にかかわっている方にはごめんなさいなのですが、本当は私自身あれこれ考えるのは嫌いではない(どちらかというと好き)のですが、考えてもわからないし~と拒否反応があったのかもしれません

が、たまたま、【2022年東大・京大で1番読まれた本】【まさか國分先生、哲学書で涙するとは思いませんでした 若林正恭(芸人)】という帯のコメントに惹かれ、「暇と退屈の倫理学」(國分功一郎著)という本を見つけ、なにげに読み始めました

で、まだ途中ですが、現段階での感想

私、結構、哲学好きらしい

日々の忙しさのなかでそんなこと考えている暇ないし~なんて言いながら流していましたが、結構面白いです
あと、哲学は世の中に必要ないし的な考えはまったくなくなってしまいまして、人生を有意義にするため、もっと大きくいうと世界平和の為にもとても大切だなんて考えになってしまいました。

「平和」とか「幸せ」とか、一見答えがない質問に対して、深く思考して真理や原則を追求していくことができるようになれば、きっと「平和」だったり「幸せ」に近づいていくんだろうな~などと思った次第でした

少し堅苦しい話でしたが、自分自身の考え方がかわったというお話でした

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

ARCHIVES