笑顔の輪を広げよう!

笑顔がもたらす、6つの効果とは?

スマイルサイエンス学会(笑顔・感性・表情に関する学術研究の発展を図り、感性アプローチに関するスキル向上を促進するととに、笑顔の普及・発展に寄与することを目的とする、市民参加型の学会です)代表の菅原様の記事から・・・


1. 免疫力がアップする

「笑いや笑顔には、ナチュラルキラー細胞という免疫細胞を活性化させ、免疫力をアップする効果があるのです。既に、病気の予防に生かす取り組みも広がっています」と菅原さんは言う。

笑えるテレビ番組や映画を観るなどして、ひとりで笑っていても効果的だという。「つくり笑いでも、口角をあげて微笑んでいるだけで、表情筋の動きは脳に伝わりますので、ひとりで過ごす時間に免疫力を高めることができます」

人と笑顔で向き合うことでも、お互いの免疫力がアップする。にっこり笑顔で挨拶を交わすだけでいいのだから、むっつりと無表情でいるのは、せっかくの免疫力を高める機会を逃している、ともいえるのだ。

「笑顔を絶やさずにいることが、健康や命を守ることに繋がるといっても過言ではありません」



2. 最強のエイジングケアになる

「ホンモノの笑顔には、顔のリフトアップ効果が期待できます」と菅原さん。

笑顔は「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれるホンモノの笑顔と、つくり笑顔などの「ノンデュシェンヌ・スマイル」に分けられる。笑顔に表出する比率で算出される「デュシェンヌ・スマイル」は、目尻が下がり、口角と頬が引き上がっているのが特徴だ。

「笑顔は顔の筋肉である表情筋の動きによってつくられています。笑顔が素敵な人は、表情筋の動きがスムーズです。つまり筋肉がきちんと使えている、そして笑顔によって鍛えられているということです。反対に表情筋が硬く動きにくいという人は、どうしても笑顔もぎこちなくなります」

確かに、しかめっ面の人は頬も弛んでいるような気が……。

「私が行った実証実験では、デュシェンヌ・スマイルを自分の意思で作ることができた人はわずか23%。本人は笑顔のつもりでも、できてない人が77%もいる、という結果が出ました。被験者は大学生なので加齢による筋力の低下などの影響は考えにくく、表情筋が動きにくい、または動かせていない人が多数いるといえます」

つまり、それは7割以上の人が「タルミ予備軍」ともいえるのだ!


3 . 表情筋が刺激を受け、ポジティブな気持ちになる

笑顔になることで顔の表情筋が刺激を受け、それが脳にフィードバックされると、ポジティブな感情が生まれる。それが、アメリカの心理学者トムキンス氏が発表した「顔面フィードバック仮説」だ。

「顔の筋肉は、感情を司る脳のA10神経群が密接に関係していることから、脳科学の視点からも、笑顔を浮かべていると脳が楽しいと勘違いしてポジティブな思考になりやすくなります。反対に、しかめっ面をしているとポジティブな気持ちにはなりにくい、ともいえるのです」

大人になると、ネガティブな気持ちをごまかすための笑顔もつくれるようになる。だが、「表情には、“感情の足跡”が残るんです」と菅原さんは言う。

「3分間、ネガティブなことを考えてから笑顔をつくると、ネガティブな感情の足跡が笑顔に残るということが実験の結果、判明しました」

それは、笑顔が自律神経に作用していることが関係していると考えられるのだそう。

「自律神経には交感神経と副交感神経があり、ネガティブなことを考えているときはストレスを感じているので交感神経が優位になります。自律神経を自分でコントロールすることは難しいので、笑顔をつくってもすぐには切り替わらず、ネガティブな考えをしていた後の笑顔にも影響している可能性があるのです」

心と表情は密接に連携しているのだ。

4. コミュニケーションがスムーズになる

「以前、ある企業の依頼を受けて、その会社の商品の売り上げ上位の販売員と、下位の販売員の笑顔を分析しました。すると、売り上げ上位の人たちは全員がデュシェンヌ・スマイルの持ち主。一方、売り上げ下位の人たちは極めて笑顔がぎこちないという結果が出たのです。つまり、人は販売員のセールストークや商品知識でモノを買っているのではなく、販売員の笑顔が購入の決め手になっているのです」

これは、「デュシェンヌ・スマイルを見た後に、見た商品がよりよく見える効果」「笑顔の人を見ると気分がよくなる効果」によるものだと考えられるのだそう。

また、重要なのは笑顔が多いかではなく、笑顔の“キャッチボール”ができているかだという。

「むやみに笑っていればいいのではなく、笑顔のタイミングが噛み合っているか、が大切です。この法則は、販売業の人だけでなく、営業や商談、プレゼン、お見合い、面接などにも言えることです」

笑顔は人生をよりよくする、最大のコミュニケーション術でもあるのだ。


5. 笑顔は周りに伝染する


「もともと人の脳には“顔細胞”という、顔や顔のように見えるモノを瞬時に認識する機能が備わっています。車のフロント部分や天井の染み、野菜など顔ではないモノに、顔っぽさを見つけるのはそのせいなのです」

つまり、人は無意識のうちに人の顔に敏感に反応している。

「赤ちゃんが人の顔をジーッと見つめるのもそのためです。かわいい赤ちゃんに見つめられると、こちらも笑顔がこぼれますよね。赤ちゃんは特に笑顔に反応しますから、その顔を見て笑ってくれるとさらにうれしい気分になります。これと同じことが、大人同士でも笑顔の人に出会ったときに起こっているのです。笑顔は人から人へと伝染します」

私たちは、顔細胞の働きによって表情に敏感に反応し、反射的に伝染していく。自分以外の個体の行動を見て、自分が同じ行動を取っているかのように反応する脳の神経細胞「ミラーニューロン」が働くからだ。

「笑顔の人につられて笑顔になると表情筋が刺激されます。すると、ドーパミンやエンドルフィン、セロトニンといった快に関する神経伝達物質が分泌され、気分がよくなるのです。すると、相手もまた笑顔につられて笑顔になるので、お互いにいい気分が伝染するのです」

デュシェンヌ・スマイルの人が人気者なのは「あの人の笑顔を見ると、自分も笑顔になってよい気分になる」から。笑顔は循環し、増幅していくのだ。


6. 幸福度がアップする

笑顔が素敵な人をみると「あの人は、きっと幸せだからあんなに素敵な笑顔なのだろう」と思ってしまう。しかし、菅原さんによると「笑顔が素敵だから、幸せになっている」のだという。

「カリフォルニア大学の教授らが行った女子大での研究によると、卒業アルバムの写真がデュシェンヌ・スマイルだった女性とそうでなかった女性の30年後の幸福度を測った場合、デュシェンヌ・スマイルの女性のほうが、結婚生活の満足度が高く、心理的に安定している傾向があったのです」

心身の健康が幸福度に繋がるほか、仕事のチャンスや素敵な出会いは、人を介してやってくるものだ。

「デュシェンヌ・スマイルができる人は、気持ちがポジティブなのでポジティブな発言が多い。さらに笑うことで脳がオキシトシンを分泌し、自分だけでなく相手も幸福度が高まることもわかっています。そうすると、信頼関係を築いたり、助け合あうことが円滑になる。こうした要素が絡み合って、自分に幸せが返ってくるのでしょう」

笑う門には福来る、ということわざどおり、デュシェンヌ・スマイルが幸せを呼び込んでいるのだ。



以上、笑顔がもたらす6つの効果でした

世界中に蔓延する新型コロナウィルスの影響もあり、心が沈みがちな今こそ、「笑顔」の「輪」をj広げていきたいものです

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

ワクチン

今日も全国で1579人の感染者が確認され、これで4日連続で過去最高を更新中との記事を見ました

夏の暑い時期には少し収まらないかな、なんて淡い期待をあっさりと裏切り、今なお猛威を振るっておりますが、やはり最終的には「ワクチン」が開発されることを期待することになるのかなと感じています。

SARSの場合には、ワクチンが開発される前に収束していってくれたようですが、今回はちょっとそんなわけにもいかそうで、ワクチン開発に期待する気持ちが強くなっています

さて、ところで、ワクチンとは

ワクチンの代表的なものとして「生ワクチン」と「不活化ワクチン」及び「トキソイド」があるとのこと
それぞれに説明を簡単に抜粋させていただきます(日本ワクチン産業協会記事)。

生ワクチンは、病原体は生きているが、病原体のウイルスや細菌が持っている病原性を弱めたもので、これを予防接種すると、その病気に自然にかかった状態とほぼ同じ免疫力がつきます。病原性を弱くしたウイルスや細菌が身体の中で徐々に増えるので、接種後1~3週間に自然にかかったのと同じような軽い症状が出ることがあります。

代表的なワクチンとしては、MR(麻しん風しん混合)、麻しん(はしか)、風しん、水痘(みずほうそう)、BCG(結核)、おたふくかぜなどのワクチンがあります。

不活化ワクチンは、病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使います。

生ワクチンに比べて免疫力がつきにくいので、何回かに分けて接種します。

代表的なワクチンとしては、DPT-IPV四種混合(D:ジフテリア・P:百日せき・T:破傷風・IPV:不活化ポリオ)、DT二種混合(D:ジフテリア・T:破傷風)、日本脳炎、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、不活化ポリオなどのワクチンがあります。

トキソイドは、細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出し、免疫を作る能力は持っているが毒性は無いようにしたものです。不活化ワクチンとして分類されることもあります。ジフテリア、破傷風のワクチンは、トキソイドです。


さらに、次世代ワクチンとして、DNAワクチンというものがあるらしいです
大阪が進めているワクチン開発はこれのようで、対象とする病原体の蛋白質をコードする環状DNA(プラスミド)を接種することで、病原体蛋白質を体内で生産し免疫を付与するもので、病原体を使用しないため、安全かつ短期間で製造可能とされているらしいです。
ただ、製造過程にある遺伝子組み換え技術については課題もあるようですが・・・

いずれにしても、予防接種を受けるとその病気に対する免疫(抵抗力)がつくられ、その人の感染症の発症あるいは重症化を予防することができます。
また、多くの人が予防接種を受けることで免疫を獲得していると、集団の中に感染患者が出ても流行を阻止することができる「集団免疫効果」が発揮されます。
さらに、ワクチンを接種することができない人を守ることにもつながります。

「個人を守るため」そして、「社会を守るため」にも、是非、世界の垣根を越えて早期にワクチン開発が実現することを期待しています

それまで、私たちは自分たちでできること、手洗いやうがい、マスク着用などの予防策を再度徹底していきたいものです




Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

雑感

毎月、税理士事務所さんからのビジネスニュースをいただいているのですが、いつも当たり前とはいえ大切なことを気づかせてくれる情報をいただいています

さて、今月の一面

どんなに悔いても過去はかわらない

どれほど心配したところで未来はどうなるものでもない

いま、現在に、

最善を尽くすことである。

松下幸之助さんの言葉でした

で、裏面

「イライラしない自分をつくる5つの習慣」
新型コロナウィルス感染症拡大の影響もあり、心が不安定になりがちです。感情をうまくコントロールできれば仕事でも
好循環が生まれます。

1、適度な運動でストレスを発散する

適度な運動はリラックス効果があります。ウォーキング、サイクリング、ストレッチなど、長時間続けられる軽い運動がお勧めです。

2、愚痴を言わない

怒りを口にすることで嫌な記憶が脳に定着し、怒りやすくなります。愚痴は事実を歪ませる可能性もあり、怒りを増幅するのでやめましょう。

3、「事実」と「思い込み」を切り分ける

「思い込み」は余計な怒りを生み出してしまいます。普段から事実と思いこみを切り分けるトレーニングをすることが大切です。

4、笑顔と丁寧な言葉遣い

心と身体はつながっています。笑うことで幸福だと感じます。表情と同様に言葉遣いも同じです。言葉遣いが丁寧で穏やかな人は、気持ちも穏やかになります。

5、不平不満の多い人とは距離を置く

たとえ自分が怒っていなくても、怒っている人の話を聞いているうちに腹がたってきたりするもの。不平不満や怒りは伝染します。「ストレス源」に近づかないことも大切です。

*一般社団法人日本アンガーマネジメント協会監修



さてさて、ストレスの多い現代社会を生き抜くためにはとても大切な「考え方」だよなと改めて感じました

ちなみに、松下幸之助さんや本田宗一郎さんの自伝や著書mエピソードなどを読んでますと、意外なのは、とても聖人君子的なイメージがありますが、お二人とも元来はとても短気で怒りっぽいということ
本田さんは、スパナを投げつけたり、灰皿で殴ったりと、完全に今の世の中ではパワハラとして訴えられるなというエピソードがたくさん出てきます。松下さんも、結構短気で大声で怒鳴りつけたり、何時間も説教したりというエピソードがたくせん出てきます。完全にSNSの現代では一発退場の恐れありです

では、本で読む、松下幸之助さんや本田宗一郎さんが語る器の大きないわゆる「良い言葉」は、嘘なのでしょうか?

決して嘘ではなくたくさんの経験の後で語られた本心なのだと思います。

もともとの熱量が高く、怒鳴ろうが怒ろうが殴ろうが人間的魅力があったから人を惹きつけてきたというものの見方もできますが、
少し見方を変えれば、もしそのままだったとしてら、きっと町工場のおやっさんんで終わっていたのではないか?
最終的に、大きな組織を率いることになるためには、感情をきちんとコントロールし大きな器を自分自身で作らなければならなかったということではないだろうか?と感じます。
だからこそ、最初は短気で感情をコントロールできなかったいわゆる偉人達の成功ストーリーには、若い頃は短気が、失敗を重ね、モノの考え方を訓練することで、成功への道を切り開いてきた。というストーリーが多いようにも思えます

織田信長は変えられなかったから討たれたとも・・・(ごめんなさい、凡人が偉そうに・・・)

人間は変われるということでもあり、学べることは少しづつでも学んで人として大きくし成長していかなければいけないなと思いました





Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

水5則

戦国時代に、太閤秀吉の軍師として有名な黒田如水。
その黒田如水が、晩年に「水」を通して人生を見た人生訓として、「水5則」があります


いつの時代にも、偉人と言われるような人も、私たちと同じような悩みを抱え生き抜いてきたんだな~と少し感慨に浸って
読ませてもらいました。また、勇気をもらいましたの紹介させていただきます



*水五則*



一、自ら活動して
他を動かしるむは水なり




意味
自分が動くことで
相手を動かすことができる。




一、常に己の進路を求めて
止まざるは水なり




意味
自分で考え、
道を切り拓いていくことを心がける。




一、障害にあい 
激しくその勢力を百倍し得るは水なり




意味
困難に直面してもあきらめず、
じっと耐えて努力を続けていけば
大きな力となって巨大なエネルギーを
発揮することができる。




一、自ら潔うして他の汚れを洗い 
清濁併せ容るるの量は水なり




意味
自分と価値観が合わないからと
排除するのではなく、様々な人を受け入れ、
大きな目的に向かって
共に頑張っていくような度量を持つ。




一、洋々として大洋を充たし 
発しては蒸氣となり雲となり 雨となり雪と変じ霰(あられ)と化し 
凝(ぎょう)しては玲瓏(れいろう)たる鏡となりたえるも
其(その)性を失わざるは水なり




意味
水は蒸気となり、雲となり、
雨となり、雪となったり変化するが
本質は変わらない。
常に自然の理(ことわり)に沿って
物事を考え、我々人間もまた、
変化に対応するのに柔軟でいること



今のコロナの逆境の中で、改めて言葉の深みを感じます

いかなる逆境も、諦めるな。
逆境の先には、さらに力強く羽ばたいていけるから、それまで耐え忍び、自ら考え行動し道を切り開いていけ。
水は、脇から濁った水が注がれてきても、「入ってくるな」とか「出ていけ」とは言わないように、考えの異なる人なども
大きな器量で飲み込んでいくような人間たれ。また、水は容器や温度などで形をかえるが、本質は何も変わっていないように、
環境の変化に柔軟に対応できる人間たれ。


こんな「エール」を私自身、水5則からいただきました

まだまだ厳しい状況は続きますが、逆境にあっても激しくその勢力を百倍し得る水の如く、この困難を乗り切っていきましょう












 

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

生れながらの殺し屋、NK!

まだまだコロナ問題で不安な状況が続きますが、私たちに今できることの一つ、「免疫力UP」についてです。

そもそも、免疫とは

ウイルスなどの病原体から私たちを守る防御システムのようなもので、体内にウイルスが侵入してくると、免疫細胞が攻撃を開始し、私たちを守ろうとしてくれる凄腕のシステムとのこと

ウィルスという外敵に対して、免疫という兵隊がウィルスと戦うというイメージがわかりやすそうです

免疫にはウイルスに感染した細胞をそのまま退治する『T細胞』と呼ばれるものやウイルスにペタペタとくっついて、それを働かなくする『抗体』などがあり、免疫=兵隊の数が多くてたくましいほど免疫力が高いといわれ、ウイルス=敵に対して強くなります。体の中で増えていくウイルスに対応できるだけのたくましい兵隊を増やせるかどうかが症状を抑えるポイントの1つということだそうです

まず、闘う兵隊を多くするには?
①適度な睡眠
②バランスのよう食事
③体を温める(適度な運動やお風呂など)
があります。

ここで、調べていたら、名前からして最強の兵隊さんがいました。
その名も
【生れながらの殺し屋=ナチュラル ヒットマン】・・・NK細胞

その素早さと、相手を的確にしとめる様子から、「生まれながらの殺し屋(ナチュラルキラー)」と名づけられたとのこと

ふだんは、全身を24時間くまなく巡回パトロールしています。そして、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけると、即座に攻撃をはじめます。なんて頼もしい存在でしょう。
何しろ、私たちの体になかには、毎日約5000〜6000個のがん細胞が誕生しているといわれています。その1つ1つを撃退しているのがナチュラルキラー細胞をはじめとする免疫細胞たちです。私たちの体は、昼間でも夜中でも優秀な殺し屋に守られているのですね。

ちなみに、この子がかわいいのは、〇〇があると、より元気に活躍するということ。

何でしょう?

それは、笑顔

よく笑うと、生れながらの殺し屋は素早く的確に外敵を殺していってくれる最強の戦士となるのです
さらに、最強の殺し屋は、悪い細胞だけ攻撃し、良い細胞は攻撃しない優しさをあわせもっているすぐれもの。

笑顔が大好きな、生まれながらの殺し屋さんに守ってもらうために、こんな時だからこそ、「笑い」が大切なのですね

といはいえ、そもそも、外敵が少なければよいので、最後に。

ウィルス=外敵を減らすには?
①手洗い
②アルコール消毒
③マスク着用などの粘膜保護
④水分補給

など、当たり前のことも忘れずに徹底していくようにしたいものですね。

早く世の中が普通の生活に戻れますように

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0