ラグビーワールドカップ開催中

ラグビーワールドカップが現在、日本で開催中です

若いころは結構みていたスポーツなのですが、最近あまり見る機会がなくなっていました。が、ワールドカップということでちょこちょこと見ています

これがなかなか面白い



まあ、素人の私がその面白さを説明するよりは、解説などでも活躍されてみえる五郎丸選手のコラムによりラグビーの面白さを紹介させていただこうかと思います。




For Children ~子供達に伝えたいラグビーの素晴らしさ~

One for all, All for one

全員で勝つために、 一人ひとりが全力で役割を果たす


だれかのために一生懸命になったことはありますか?
「見返りを求めず、だれかのために無心で頑張る」そんな経験は、普段の生活ではなかなかないと思います。
今回はラグビーの良さのひとつである、仲間のために無心で頑張れることの良さについて、お伝えしたいと思います。


一人ひとりが違う役割を担う ラグビーというスポーツ


ラグビーが他のスポーツと大きく異なる点は、とにかくいろいろなタイプの選手がいることです。
背が高い選手、低い選手、痩せている選手、太っている選手など、体格の異なる1チーム15人が一つのフィールドで共存する。
これは、ラグビーが球技の中でも特にポジションによって求められるプレーや役割が大きく異なるためで、
どのポジションのメンバーが欠けても勝利にたどり着くことはできません。
大きな体の選手たちがスクラムを組んでボールをとる。
それを小柄な選手が絶妙なタイミングで後ろにパスを出す。パスを受けた足の速い選手がタックルされたときのために、体の大きな選手が全力であとを追う。こうして一人ひとりがその役割を果たすことで、勝利を手にすることができます。
そのため仲間を守るために躊躇している暇もないし、そこに見返りを求めている余裕もありません。
ラグビーをプレーしている人はこれを心の底から理解しているから、自分のためではなく常に仲間のために無心でプレーします。
その気持ちや姿勢がメンバーの心を互いに前に動かし、時には勇気を与えて行くのです。これが体感できるスポーツは、なかなかないのではないかと思います。


みんなで掴む勝利は、自分だけの幸せよりもはるかに大きい


スポーツに限らず、仲間と切磋琢磨し、共に掴み取った喜びは、自分一人だけでつかんだ喜びの5倍、10倍といった大きいものに。
勝利を掴みとれなかった時の悔しさも同じ分だけ大きくなるでしょう。
それは、自分一人では不可能なことを達成できるという、より難しい物事への達成感というだけでなく、人が相手の気持ちを受け取って自分のものにすることができるという共感能力を持っているからだと思います。
ラグビーは、普段から体そのものをぶつけ合うような厳しいトレーニングを行うことや、前述の通り、他のメンバーがいるからこそ勝利にたどり着けるという特性があるからか、チームメンバー同士の繋がりは他の競技と比べてもより密接なものです。
だからこそ、勝利の時の喜びも、悔しさも、他のどんな競技より強く感じることができる。これもラグビーの良さの一つだと僕は思います。
悔しさというと、ネガティブな言葉に聞こえますが、僕は悲しいとか辛いといった感情とは全く違うと思います。
悔しさは、絶対に勝ちたいという思いから生まれる熱意です。悔しさを強く感じられてこそ、より高みを目指せる前向きな感情の源なのです。


この経験は、きっと 子供達を大きく、強く育てる


「見返りを求めず、誰かのために無心で頑張る」こと。
そして、みんなで勝利をつかむこと。これらの経験は、普段の生活の中ではなかなかすることができません。
しかしラグビーは、自然とこうした経験ができる場です。
だからこそ、もっと多くの方に、特にこれからの世界を担っていく子供達には、ぜひラグビーを体験して、そしてのめり込んで欲しいという思いがあります。
「自分の勝利はみんなの勝利。みんなの幸せが自分の幸せ。」
こんなふうに思えるようになったら、素敵な大人になっていけると思いませんか?
それぞれの個性を活かし、みんなでひとつの目標に向かって頑張るこのスポーツ、自分を大きく成長させてくれるラグビーに、これを機に少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。


素晴らしい説明

まだまだ始まったばかり。
今日は世界2位のアイルランドに勝ちました
ジャパンの活躍、楽しみに応援したいと思います

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

人間が想像できることは人間が必ず実現できることである

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できることである」

これは、「月世界旅行」という本を書いたフランス人作家ジュールヴェルヌの言葉です
実際、月世界旅行では、日本がまだ明治時代のころに、砲弾に乗って宇宙に行くという空想科学的な内容でしたが、
これが実際につきに人が行くことになるいわゆるアポロ計画に影響を与えたとされています

私も子供のころ、この電話線なくならないかな~なんてすごく思っていましたが、電話線がなくなって電波がとぶなんて
ないだろなと思いながらも、あっさりと携帯が普及し、その後Wi-Fiだなんだのと有線が無線化されていく時代が私が
生きている時代に訪れるとは思ってもいませんでした。結構これすごい気がします

で、車を運転しなくても自動運転できるなんて話もいいなとは思いましたが、たいしたものです、人間は。
徐々に実用化に向けて動き始めているようです


少し調べてみると、車の自動化にもレベルがあるらしく、アメリカのなにかしらの機関の定義では、

レベル0 ドライバーがすべてを操作
【運転支援】レベル1 システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート
【運転支援】レベル2 システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート
【自動運転】レベル3 特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作
【自動運転】レベル4 特定の場所でシステムが全てを操作
【完全自動運転】レベル5 場所の限定なくシステムが全てを操作

となっているようです。
2020年の東京オリンピックまでには、なんとか自動運転レベル3を実用化したいという記事を読みました

ほんとにすごいなと思いながら、まだまだ人間が想像しててできていないことはないかを、ドラえもんから想像してみます。

個人的に、一番今嬉しいのは、どこでもドア。これはとても便利。今すぐどこでも行けるなんてすごいとしか言えない
あとは、もしもボックスやタイムマシンもすごいですが、ちょっと怖い気もします。
未来を知ったら人生おもしろくないだろうし、もしも〇〇だったらと願ってみたいけど、なんか人生というものの意味が変化しそうで
なんか怖いです
あと、これは実際便利だろうなと思うのは、どらえもんのポケット。小さいのにめちゃめちゃ収納力抜群の4次元ポケットなんてのも
かなりグッドです。でも少しおしゃれ化したポケットがいいです

とドラえもんのすごさを感じながらも、ヴェルヌの言うように、想像できることは本当に実現しちゃったりするのでしょうか?

できたら本当に世の中どうなってしまうんでしょうね

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

企業継続について

こんな記事を読みました


【世界で250年以上永続している会社の、実に3社に2社が日本企業であることをご存じだったでしょうか。企業としての強さの秘けつは、理念経営にありました。 理念経営で有名な企業といえば、ザ・リッツ・カールトン・ホテルやジョンソン・エンド・ジョンソン社、ウォルト・ディズニーなどが挙げられるでしょう。しかしながら世界で250年以上永続している会社の3社に2社が日本企業であること、そして日本は創業200年以上の会社数でダントツNo.1であり(下表)、創業100年以上の会社が約2万社あることは意外と知られていません。そしてこれら日本の老舗企業のほとんどは、何らかの形で理念経営を行ってきました。企業理念の呼び方は家訓、社訓、綱領、覚書などとさまざまで、中身も「信頼第一」「三方よし」「先義後利」「家族経営」など各社で異なるものの、いずれも経営の中心に理念を置いてきた結果、強い組織であり続けられたのです。
理念経営は最近の単なる流行ではなく、日本が古来より大切にしてきた、“日本ならではの”強い経営のあり方なのです。】

ちなみに、創業200年以上の企業数について、数字でベスト5を見てみますと、日本3113社、ドイツ1563社、フランス331社、イギリス315社、オランダ292社という感じです

現在、世の中を騒がせている吉本興業さんには、圧倒的にわかりやすい「笑いと届ける」という理念があります。これを共有している以上、この先200年、300年と続いていく企業になっていくのだろうなと思うのと同時に、すべてのクライアント様及び、私たち「メロディグループ」も100年、200年、そして1000年と継続発展していけるように、今できることをしっかりと頑張っていこうと思いました

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

122対0


スコアボード



20年前の1998年の夏、青森大会2回戦の深浦(現木造高深浦校舎)-東奥義塾は0-122(七回コールド)という記録的大差のスコアボードです。当時は、7回まではコールドゲームはなく、試合を放棄しない限り続けられたことにより、こういったスコアとなったそうです
ちなみに、この年の甲子園優勝校は、松坂大輔を要した横浜高校です
試合時間が、3時間47分
初回だけでも、打者42人が27安打を放ち39得点。
最終的に86安打、76盗塁(よくこの状況で走りまくったな~と感心です)

皆さんは、このスコアボードをご覧になられて、どんなご意見でしょうか?
「あきらめずによくやったな~」
「そこまでこてんぱんにやらなくてよくない?」

当時を振り返った記事にこんな記載がありました。
「五回を終えて0-93。工藤監督は選手たちを集めて、どうしたいかを尋ねた。(1)試合を続行(2)試合を放棄(3)判断を監督に任せる-の3択だった。最終的に、エースだった佐藤勝敏の強い希望で、ナインは各自の守備位置へ向かった。理由は応援してくれる人がいるから。あまりの一方的な展開に、深浦がアウトを取ると東奥義塾の応援席からも拍手が起きた。守備に就いたナインには、スタンドからこの日最も大きな歓声が送られた。

「応援してくれる人がいるから

この言葉で、最後まで泥臭くあきらめずに頑張ったその姿を素直に素晴らしいなと思いましたし、最後まで手を抜かずに頑張った東義高校の生徒さんも本当に頑張りました(ただ、この次の試合で疲れてしまったのかコールド負けしてしまってまして・・・)

さあ、暑い夏の甲子園に向けての地方予選の時期になりました

高校生の一生懸命な姿に、いつも元気と勇気をもらいながら、頑張らねばと思う季節がやってきます



Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

令和

「令和」時代がスタートしてはや一か月近く立ちます。

すでに、ご存じの通り、「令和」は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌」に由来するとのこと

―万葉集「梅花の歌」―
初春の令月にして、
気淑(よ)く風和ぎ、
梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。

首相官邸で発表された、新年号「令和」の意味についての説明では、

春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。
【日経新聞(2019年4月2日号)より引用】

古文とかは苦手なほうで、あまり感性豊かなほうでもないのですが、改めて、万葉集が作られた時代(7世紀~8世紀)に、
梅の花を愛でて、歌を詠んでいる。そして、それが現代の私たちの時代の感性とも共感を得る。

1300年以上の時を経て、こういった感性が共感できるってすごいことだなって感じます

ちなみにどうでもいいですが、当時のお歯黒は私には決して素敵とは思えませんが、当時の方々には「なかなか歯が黒くて色気あるね~」となっていたのだとすれば、こういった感性は時代とともに変化するのですね~。たぶん、当時の方からみる「美人」と今の時代の「美人」とでは、価値観が違うのでしょうね。まあ、ガングロについても私はいまいち素敵だとは思えませんが、かっこいいと思う方がいて、そしてそれは平安の方々からみると、素敵!となるのかもしれません。

と、話は脱線していきますが、日本の四季を愛でる感性というのは、今も昔も変わらない普遍的な価値観なんだなと思うと、なんかすごくロマンチックな気がします

と、「ちはやふる」という百人一首を題材にした映画を見て、改めて「令和」について感じたことを雑感までに

一人一人が希望とともに大きく自分だけの花を咲かせられるような時代になりますよ~に

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0